能登島で捕れるサバです

20120307061405.jpg焼き魚、煮魚、寿司(鯖寿司)、〆鯖(しめさば)として多く食べられます。、缶詰にされる煮鯖も多いです。鮮度の問題から、東日本の大部分では生食で供されることは一部のブランド魚を除き稀です。
DHA(ドコサヘキサエン酸)や EPA(エイコサペンタエン酸)などの高度不飽和脂肪酸 – ω-3脂肪酸(Omega-3)が多く含まれている点も注目されています。その一方で「鯖の生き腐れ」と呼ばれるほど鮮度の低下が著しいという欠点もあり ます。またヒスチジンを多く含むためにアレルギー源となるヒスタミンを生じやすく、蕁麻疹の原因となることがあるそうです。
近年では養殖技術の発達により、養殖ものの鯖も市場に出回るようになっていて、サバの養殖は大分県や鳥取県で盛んに行われています。海外では主にノルウェーから輸入されており、主に塩蔵品(塩さば)に加工されます。
マサバでは豊後水道の関さば・岬さば(はなさば)、三浦市松輪の松輪サバ、ゴマサバでは屋久島の首折れ鯖、土佐清水市の清水サバなどの地域ブランドが存在します。

能登の名産ナマコです

DSC_0400-1.jpg赤ナマコ(赤海鼠)。日本で主に食用とされるマナマコは体色からアカ・アオ・クロの3種類に分けられ、それぞれ地域によって価格に差があります。旬は初冬で、日本では酢の物として食べることが多く、コリコリとした独特の食感を楽しめます。腸などの内臓を塩辛にしたものはこのわたと呼ばれ、ウニ・からすみ(ボラの卵の塩漬け)と並んで日本三大珍味のひとつとされています。

3月5日の水揚げ

DSC_0420-1.jpg

DSC_0413-1.jpg
20120410130341-1.jpg20120410130328.jpg20120410130316.jpg

能登島で捕れるウマズラハギです

DSC_0444-1.jpg旬は秋から冬です。刺身は透明感があり、その上、甘味もあります。やや上品にすぎる味わいを助けるのが秋にたっぷり膨らんだキモです。これを適当に切り、刺身に巻き込んで濃淡混ざりあった旨さを味わう。
鍋物の材料としても珍重するが、白身であっさりしていながら甘味があり、とても味がいいです。煮つけも肝を生かして美味です。
干物などもとても味わい深いものです。白身でさっぱり上品ななかに脂旨味もある魚なので、みりん干し、塩干物なども美味いです。

20120227055541-1.jpg

20120403055814.jpg