久しぶりの大雪です。

こんばんは。
能登島のタコ漁師平山です。

今日は久しぶりの大雪のため沖止めです。
明日の仕事に備え船の雪かき開始です。

除雪

船の中は複雑な形状をしているので雪かきは大変な作業です(>_<)
見ただけでやる気なくなる(+_+)

まずは、スコッパで船上の雪をどけて、床が見えるようになったらセントル(船に付いている水中ポンプ)で
雪を溶かします。

ここからが地獄!

スコッパで汗をかいた後、ポンプで雪を解かすと足元にシャーベット状になった雪の塊が流れてきます。
汗が一気に引き、体が急に冷える(-.-)
この繰り返しで毎年足が霜焼けになります。
明日の仕事に向けて頑張るか!

では、また明日(^_^)/

タコが少なくなってきました。

こんばんは。
能登島のタコ漁師平山です。

今日はタコ漁行ってきました。

イケスの中の様子です。

タコ

タコの量もだいぶ少なくなってきました。
タコ漁は漁期の規制は無いのですが、2月からは自主規制に入ります。

では、また明日(^_^)/

ちょっと息抜き!

こんばんは。
能登島のタコ漁師平山です。

今日は仕事で愛知県へ行ってきました。
仕事が早く終わったのでちょっと寄り道。

私は歴史が好きで、城、神社、寺、大仏等に興味があります。
という事で、今回は大仏巡り!

実は愛知県は大仏がい多い県なんです。

まずは、聚楽園大仏(しゅうらくえんだいぶつ)です

大仏1

聚楽園大仏は愛知県東海市の聚楽園公園にあります。
東海市の文化財に指定されているみたいです。

昭和60年に銅色に塗装し直されているので、見た目は銅製の大仏に見えますが、
昭和2年に建立された日本初のコンクリート製で像高18.79mと日本でも大きめの大仏です。

ある実業家が、聚楽園を開園しその園内に「大正天皇御大典記念事業」として大仏建立を考え、実業家が2億円の私費を投じ、「天皇陛下(昭和天皇)御成婚記念事業」として1923年(大正12年)着工し、1927年(昭和2年)5月21日に開眼供養。

次は名古屋大仏です。

大仏2

愛知県名古屋市千種区の約400年の歴史がある曹洞宗桃巌寺にあります。
桃巌寺は織田信長の父、信秀の菩提を弔うために建立され、大仏は昭和62年に建立されました。。
全高15m(本尊の高さ10m 台座高さ5m)の青銅製です。

この大仏は立地に脅かされます。
大きいビルやマンションが立ち並び、交通量の多い道路から100mほど入ると突如現れます。
田舎育ちの私からするとはっきりいって都会です。
大仏のすぐ後ろにもマンションが立ち並んでいます。
もともとは、青銅色だったのですが、平成18年に全身グリーン、ゴールドのリップ&アイラインに
お色直しされました。
ちなみに、独特の色は住職の好みだそうです。

次は布袋大仏です。

大仏3

愛知県江南市にありコンクリート製です。
ちょっと頭でっかちで愛嬌のある顔立ちが特徴です。

この大仏に驚かされるのは、建立した理由です。
1949年に、鍼灸院を営んでいた前田秀信さんが夢の中での大仏を作りなさいというお告げと仕事柄多くの人の病いを治したいという思いから大仏造立を決断、すべて手作業で5年後の1954年に完成させました。
高さ18mと個人所有のものとしては最大級の仏像です。

大仏の近くには「大仏シャロン整骨院」という大仏を建立した方の息子さんが経営している整骨院があります。
なお、大仏の名前にちなんで大仏の下に七福神の布袋さんの置物が誰かによって勝手に安置されています。
ちなみに、大仏の所有者の前田さんは承認していないとの事です。(笑)

次はどこの歴史にふれて来ようかな。

ではまた(^_^)/

 

 

 

 

トキが能登島に来ました。

こんばんは。
能登島のタコ漁師平山です。

日本の本島に1羽しかいないトキが能登島に来ました。

トキ

トキ1

2、3日前から変わった鳥が田んぼにいるなとは思っていたのですが、
今日写真を撮っている人がいたので尋ねてみたら、まさかのまさか‥‥‥トキでした!

このトキは先々週までは輪島にいたそうで、先週から能登島にやってきました。
日本本島に1羽しかいないので大変貴重だそうです。
残りは佐渡島にいます。

トキが住みつけば、イルカといいさらに観光名所になるかも(^_^)

みなさん見に来るのは結構ですが、脅かさず静かに見守ってあげてください!

今日はこの辺で!
ではでは(^_^)/

タコの腕が‥‥‥

こんばんは。
能登島のタコ漁師平山です。

今日はいつも通りタコ漁に出港しました。

いつも通りの作業をし、ふとたこを見ると何か違和感が‥‥‥
何と腕の数が2本多い!

たこ

ちょこちょこ腕の多いタコはいるそうです。
腕の少ないたこは見るのですが、多いタコは僕は初めて見ました。

ちなみに世界一は96本腕があります。
三重県の志摩マリンランドに標本にされています。

96本の触手をもつタコ01

みなさん是非見に行ってみてください!

今日はこの辺で!
では、また明日(^_^)/

 

視察で鹿渡島定置行ってきました。

こんばんは。
能登島のタコ漁師平山です。

今日は朝から鹿渡島定置の視察に行ってきました。

鹿渡島定置は能登島の対岸、同じ七尾市の鵜浦町にある定置網です。

鹿渡島定置は魚の神経締め、県外への産地直送、水産の六次産業など
業業者の中でもいろいろな取り組みをしていて、僕のビジネスモデルとして
大いに参考になる会社です!

ちなみに鹿渡島定置は地域に貢献しているとして、内閣総理大臣賞もいただいた
すばらしい会社です。

まずは、網上げの様子です。

鹿渡島1

従業員が横に並んで順番に網を上げ、魚を追い込んでいる様子です。
一人でもタイミングがずれると、船がかたがったり、網が取れなかったりと神経を使う作業の一つです。

次は網を最後までつめて魚を追い込んだ様子です。

鹿渡島2

今日は、小アジ、カマス等が大漁でした。
今からこの魚をタモですくって船の魚槽に入れていきます。

最後に、鹿渡島定置の船頭が定置網の説明をしている様子です。

鹿渡島3

今日は、同業者でも違う分野の漁業を見ていろいろと参考になりました。
鹿渡島定置の社長、船頭、従業員の皆さんの意識の高さは本当に刺激を受けます!
リスペクトです!

僕も鹿渡島定置の皆さんを見習って頑張っていきます。
また、これからも全国に良い魚を発送していきます!

今日はこの辺で!
では、また明日(^_^)/

能登島鰀目漁港から立山が見えます。

こんばんは。
能登島のタコ漁師平山です。

今日は、能登島鰀目漁港から見た立山の風景です。
ちなみに、毎日見えるわけではありません。

立山

今日はくっきり見えます。
雪も積り始めこれからは天候によっては綺麗な立山が見られます。

今日は、陸からの立山ですが、船から見た立山は別格に綺麗です!

立山が見えるのは綺麗で良いのですが、
必ずしも漁師にとっては良いわけではありません。

なぜかというと、立山が見えると近々天候が崩れる予兆なのです。

漁業者だけでなくみんな嫌か……

プチ情報でした!

では、また明日(^_^)/

釣り船です。

こんばんは。
能登島のたこ漁師平山です。

今日は釣り船でした。
毎年岐阜県から来て下さるお客様です。

釣り

釣果はキジハタ、アジを中心に狙ったのですが、キジハタ、アジはもちろん
シマダイ、カサゴ、フグ、ウマズラハギ等いろいろあがりました!

また、来年もよろしくお願いします。

では、また明日(^_^)/

昼食です。

こんばんは。
能登島のたこ漁師平山です。

今日は昼食ガッツリ食べました。

寿司

デザート入れて36皿でした。
自己記録更新はなりませんでしたが、ボチボチでした。
今回はメニューの選択ミスもあり、あまり記録は伸びませんでしたが
次回はメニューをちゃんと考え50皿いきます!

では、また明日(^_^)/